化学系研究部創薬化学研究部

研究概要

1974年に日吉に設立された微生物化学研究会付属生物有機化学研究所がその前身です。その後、2003年に微生物化学研究センター日吉創薬化学研究所、2010年に微生物化学研究所日吉支所と改称され、2015年の微生物化学研究所新研究棟への移転に伴って現在の創薬化学研究部が発足しました。設立当初から有機化学の手法を用いて抗生物質の合成研究およびその開発研究に取り組み、数々の新規医薬品候補化合物を創製して国内外の製薬企業と共同開発研究を行っています。

メンバー

  • PHOTOGRAPH

    部長 高橋 良昭

メンバー総数 10名

テーマ

  1. 薬剤耐性菌に有効な新規抗生物質の開発
  2. 新規抗結核薬の開発
  3. 新規抗インフルエンザ薬の開発研究
  4. 動物用抗菌剤の開発

テーマ概要

1. 薬剤耐性菌に有効な新規抗生物質の開発

世界に先駆けてスーパー耐性菌に有効なアミノ配糖体抗生物質を創り出します。

2. 新規抗結核薬の開発

低開発国を含めた世界中の結核に苦しむ人々の手に届けるべく最優先で実用化に取り組んでいます。

3. 新規抗インフルエンザ薬の開発研究

画期的なインフルエンザ薬の創製研究

4. 動物用抗菌剤の開発

新規マクロライド系抗生物質の創製。

ヒトの感染症の原因菌に活性を示すtylosinを家畜の感染症細菌にのみ有効な物質に作り変えることに成功。

2013年より、世界的規模での販売が開始されました。

Zuprevo